O崎さん

blog2018_080202.jpg

写真を撮るという以外に小さな事業を展開しています。そこで、その広告を出す為に、最近急成長を遂げている、とある広告サイトに広告を出してくださいってお願いしてみました。この小さな小さな事業は相手にされるのかぁ?と思いつつ、返事を数日待っていると、担当のO崎さんという方からご連絡をいただき、一度、会って詳しくお話聞かせてくださいとのコト。

数日後、待ち合わせにいらしたのは、とても可愛らしい女性のO崎さん。(メールのやりとりで勝手に男性だと思ってた〜。。)と内心動揺。。でも、O崎さんの人懐こい笑顔で、すぐに距離は縮まり、遅めの待ち合わせにもかかわらず、2時間以上お話しさせていただきました。

O崎さんは、「弊社がお助けできるかはわかりません、でも、こうはどうですか?ああはどうですか??」と、私との打ち合わせの為、いろいろ案を練ってきてくださいました。そして、「こういうケースはこんな感じで、こういうときはこんな感じで。。」と、いろいろ教えてくれます。そんな事してたら、O崎さん、帰宅、だいぶ遅くなるよ。って心の中で思いつつも助かるわあ。。

ずーっと笑顔で、一生懸命クライアントの身になって。なんて、いい娘なんだ(涙)

是非是非、わたしもO崎さんに宣伝してもらいたいし、お願いしますって話になりました。

翌日、O崎さんから電話がありました。

「昨日、あれから考えたんですけど。。。」

まだ、考えてくれてたの!? O崎さん!!家帰るの遅かったでしょ!?(爆泣)

また、一つ、わたしの立場に沿ったアイデアを提案してくださいました。

思いやりを持って、一生懸命仕事しているO崎さん、大好きになりました。

 

 

 

 

 

Naomi Meno