25年経ちました

177154_01.jpg

先日『ライオン・キング』を映画館に観に行ってきました。

前作のアニメの『ライオン・キング』も当時映画館に観に行きました。音楽がとても良くて、絵もかわいくて、観終わった後に、とてつもない余韻が残っていた記憶があります。

なんと!!あのアニメ作品から25年も経っているそうで!!びっくり!!

今回のCG作品、感想はというと。。

とても良かったです。ストーリー自体は同じです。CGの動物たちが、「どれだけ時間がかかったんだろう??」ってくらい細かい描写で、見ごたえがあります。今回は、個人の感想なのですが、音楽よりも、画の方に力強さを感じました。昔見たアニメバージョンの音楽が衝撃だったので知らず知らず比べてたんですかね。

大人になってみた『ライオン・キング』で一番印象的だったシーンがあります。

ここからは、少しネタバレになってしまいます。

主人公のシンバが自分の王国から逃げ出して、違う場所で違う環境で大人になっていました。そこで、シンバは楽しく過ごしているのですが、幼馴染のナラがシンバの前に現れます。ナラはシンバに「帰って来て、王国を立て直してほしい」と言うのですが、シンバは帰りたがりません。それはシンバには帰りたくない理由があるんです。

しかし、ナラはそんなシンバに無理強いしません。 そして、シンバの元から去ろうとするんです。

そんなシーン。

大人になった私は、ナラの無理強いしないで、そのまま立ち去ろうとする姿に、今だからわかる気持ちみたいなのを感じました。こんなシーンに、こんな気持ちになる自分の発見です。

映画っていいですよね〜

家でもたくさん映画観れる時代ですが、映画館に観に行くっていうのがいいですよね〜

Naomi Meno